• 特殊梱包H&L
  • 梱包設計・手法
  • あるあるサービス
  • 大型重量物
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ

ブログ

平成 29 年度後期技能検定【工業包装】実技試験実施のご報告


※アルコム株式会社 京都物流センターでの実技試験前の様子

平成30年 1月21日(日)午前9時より、
アルコム株式会社 京都物流センターにて
平成29年度後期技能検定【工業包装】実技試験が開催されました。

今回の受験者数は、受験者数:13名(1級2名、2級11名)と、
例年は1級・2級の受講者が約半数づつとなるのですが、
今年は珍しく、1級の受験者数が少なく、2級の受講者数が多い年となりました。

この日の京都は、最低気温が1.4℃と2年前と同様に真冬の寒さとなりましたが、
午前中は天気にも恵まれ、試験が始まる頃には一同、熱気で上着を脱いでの作業となりました。

そして午後13時に、実技試験は無事終了、
一同、ほっとした様子で試験の緊張から解放された姿が印象的でした。

アルコムでは、企業様の物流を支えるだけでなく、
全国の梱包技術向上を支援する企業でありたいという想いから
今年も、技能検定【工業包装】実技試験の会場を提供させていただきました。

今後も、梱包協会全体のレベルアップに貢献してきたいと考えております。

平成29年度後期技能検定【工業包装】のお知らせ

平成 27 年度後期技能検定【工業包装】実技試験実施のご報告



平成28 年1月17日(日)AM 9:00より、
島津ロジスティクスサービス㈱ 久御山出張所にて
平成 27 年度後期技能検定【工業包装】実技試験が開催されました。

今回の受験者数は、受験者数:14名(1級7名、2級7名)と例年通りで、
受験者に対して、試験と通して梱包技術を継承するために必要な教育訓練を行なっていきます。

この日の京都は、朝一番、最低気温が1.5℃と凍りつくほどの寒さでしたが、試験が始まると、受験者は試験開始前にきていた防寒着を脱ぎ、半袖の作業服で試験を受けておられました。

AM 12:00に、実技試験は無事終了。
一同、実技試験の緊張から解き放たれた様子が印象的でした。

平成 27 年度後期技能検定【工業包装】実技試験実施のご案内

平成 27 年度後期技能検定【工業包装】実技試験実施のご案内


※前年度実技試験実施風景 場所:アルコム物流センター

平成27年度後期技能検定を実施するにあたり、本年度は島津ロジスティクス様からのご提案があり、久御山を試験会場として実施させて頂くことになりました。
京都の梱包会社としての連携をとることで互いの知識向上を図り、また競争することで品質の向上を行っていきたいと思います。

技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準より検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されます。

工業包装技能検定の実技は、1 級・2 級に区分して製函及び梱包作業の試験を実施しますが、詳しくは以下の中央職業能力開発協会のHP(ホームページ)を確認下さい。技能検定に合格された方には、1 級は厚生労働大臣から、2 級は大阪府知事から合格証書が交付され、「技能士」と称することができます。

実施試験の日程及び開始時間、試験会場

実施公示 平成27年9月1日
実施職種(作業)名 工業包装(工業包装作業)
実技試験実施日 平成28 年1月17日(日)
実技試験開始時間 AM 8:30~
実技試験会場 京都府久世郡久御山町佐山新開地 21-1 TEL0774-45-3717
島津ロジスティクスサービス㈱ 久御山出張所
中央職業能力開発協会HP http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html
学科試験実施日 平成28年2月7日(日)午前 (※別の試験会場にて実施)

アルコム物流センターは平成25年度後期工業包装技能士(1級・2級)実技試験会場です。

国家試験 工業包装技能検定 について

平成25年度後期 技能検定(工業包装技能士 1級・2級)試験は 平成26年1月12日に大阪府能力開発協会様から委託を受け、前回に引き続きアルコム物流センターにて実施されました。

アルコム物流センター
■物流センター
〒612-8245 京都市伏見区横大路下三栖宮ノ後39番地
TEL:075-623-0171 FAX:075-612-3585

国家試験工業包装技能士資格とは

工業包装技能士資格とは、工業製品などの輸送用包装に必要な技能を認定された国家試験の合格者が授与される資格のことで、梱包以外にも、荷物破損の際の原因調査等、物流トラブルに関する知識の向上を図ります。

受験資格として経験年数が必要ですので熟練した職人のみ合格となります。
決められた(1)作業スペース(2)材料(3)道具を用い(4)品質(5)清掃(後片付け)まできめられていますので全てをクリアしなければ合格の道はありません。

試験実施中の様子


1級/2級の【課題1】木箱作成


1級/2級の【課題2】袋作成


アルコムの役割

アルコムに在職する工業包装技能士は、京都府山田知事により職業訓練指導員として認可を受けており、通常の梱包業務以外に、工業包装技能士国家試験の講習等の業務を行っております。

アルコムでは、企業様の物流を支えるのはもちろん、全国の梱包技術向上を支援する役割を担っております。

工業包装技能士検定に関する情報

アルコム株式会社
http://www.alcommjp.com/
TEL:075-602-0101 FAX:075-602-7157

大阪府職業能力開発協会
http://www.osaka-noukai.jp/

平成25年度技能検定実施日程   後期 技能検定受験案内
http://www.osaka-noukai.jp/exam/siken_1/index.asp

アルコム物流センターを工業包装技能士の実技試験会場として提供

2011年12月11日(日)・18日(日)の2週にわたりアルコム物流センターにて工業包装技能士(1級・2級)の実技試験が39名の受験者参加のもと盛大に開催されました。

アルコム物流センター

弊社は大阪府能力開発協会様から委託を受けて物流センターを試験会場として前回に引き続き提供させて頂きました。

前回、試験会場として実技試験を実施した実績が評価され今回も開催させて頂けたことは大変光栄なことです。

試験会場として提供させて頂くにあたり試験前日までに準備をしますが、まずは受験者の作業範囲(4m*2m)をラインテープで床に貼り受験番号の表示をします。

そして試験課題①木箱作成に必要な木材を規定数作業エリアに並べ釘も既定の種類と本数を準備します。

試験課題①木箱作成の準備

また、試験課題②防水袋作成に必要なポリエチレン加工紙を規定のサイズを必要枚数切って準備しておきます。

あとは、試験に関する内容とスケジュールをホワイトボードに記載して弊社が試験会場とわかるように道路沿いに看板を立てかけて準備完了です。

試験に関する内容とスケジュール

受験者の皆様に安心かつ安全に試験に臨んで頂くためにも試験会場の準備は大切な任務です。

大阪府能力開発協会様の信頼を裏切らないように細心の注意を払い工業包装技能士実技試験会場として恥ずかしくない準備ができたのではないかと自負しております。

次回は、実技試験の内容について報告させて頂きます。

職業訓練指導員としても活躍するアルコムの工業包装技能士

アルコムには、工業包装技能士1級・2級という国家資格を有した社員がいます。

工業包装技能士は、輸送の安全を確保するための優れた包装技術を持ち、お客様のための梱包方法や輸送方法、物流トラブルに関することなど、ご提案させていただいております。



またアルコムの工業包装技能士は職業訓練指導員の免許も保有しており、就職するために努力している方に技術を身に付けていただくためのサポートをしております。

工業包装技能士

職業訓練指導員は、都道府県知事によりその免許が交付されるので、
アルコムの工業包装技能士は、京都府山田知事により職業訓練指導員として認可されています。


そこでアルコムの工業包装技能士は、工業包装科についての職業訓練指導員として工業包装教育訓練を行っています。


アルコムでは、さまざまな企業の物流を支えているだけでなく、工業包装の技術を高めるための職業訓練も行い、これからの物流業界を支えていく活動も行っております。


包装技術や物流に関するトラブルにお悩みの方は、アルコムまでご相談ください。


アルコムの職業訓練指導員も務める工業包装技能士が皆様のお悩みを解決いたします。




また下記のホームページから、新着情報の平成23年度 後期技能検定受験案内をクリックすると後期の日程等が出てきます。
アルコムでは試験会場としてアルコム物流センターを提供しています。

大阪府職業能力開発協会
http://www.osaka-noukai.jp/

平成23年度技能検定実施日程   後期 技能検定受験案内
http://www.osaka-noukai.jp/kentei/kentei_top.html#k_schedule

工業包装技能士のいるアルコム株式会社

今回はアルコムと国家資格の工業包装技能士についてです。

アルコムでは、お客様のニーズに合った梱包材・梱包方法をご提案しております。
また、温調倉庫を保有するなど、精密機器の保管にも適しているなど、施設も充実しております。

さらに、アルコムで充実しているのは施設だけだはありません。
人材育成も充実しております。

アルコムには、工業包装技能士1級・2級とよばれる国家資格取得者がいます。

ちなみに工業包装技能士という国家資格を、皆様はご存知でしょうか?

工業包装技能士とは、工業製品などの輸送用包装に必要な技能を認定された国家試験の合格者のことです。

また工業包装技能士は、輸送の安全を確保するための優れた包装技術があり、どの企業にも必要とされる存在です。

その他にも、物流トラブルに関する業務も行います。
例えば、受領時に製品の梱包状態が破損している場合などです。

破損した原因は発送時、運送時、受領時など、どこにあるのか、原因調査を行うのも工業包装技能士の資格を持つ者が行います。

アルコムの工業包装技能士の1級を有する社員は、
工業包装技能士としての業務以外にも、国家試験の出題および講習等の業務もおこなっています。

工業包装技能士がいるアルコムでは、お客様のさまざまなご要望にお応えする態勢が整っております。

梱包に関することは、どのようなことでもお問い合わせください。

通関業務から海外での搬入作業立ち会いまで梱包・輸送に関することなら何でもお任せください!

工業包装技能士(国家資格)による試験、検定に裏づけされた確かな梱包技術で、輸送の安心をお届けします。

他にも、税関での通関立合いや海外での搬入作業立合いなどさらなる安心を追求します。

アルコム株式会社(特許梱包H&L・大型製品・重量物梱包・輸出梱包対応)
〒612-8236 京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番3
TEL(075)602-0101 FAX(075)602-7157

c 2008-2010 ALCOMM CO., LTD. All Rights Reserved