• 特殊梱包H&L
  • 梱包設計・手法
  • あるあるサービス
  • 大型重量物
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ

ブログ

輸出梱包を安心にお届けするためのご提案。

輸出梱包を安心してお届けするためのご提案をご紹介します。

【こちらは通常の木箱梱包】


こちらの中に下記が入っています。


解体すると、自立しない不安定な装置(光源)をフォークリフトですくえる形で作製。

ショックウオッチ、チルトウオッチは、内装梱包された装置と、外装梱包され
た外箱の両方に張られます。

【チルトウォッチ】


このチルトウオッチは、一定の角度、傾くと反応します。

外側にはショックウォッチが貼られています。

【ショックウォッチ】


ショックウオッチは、木箱に基準以上の衝撃が加えられると反応します。
それぞれ、いくつか種類があります。

目的は、内部装置にダメージを与えるような衝撃等が輸送時、荷扱い時に加えられた場合、どの時点での事故かが、分かるように貼られています。
そのために、出荷前、積み込み後、荷降ろし前、荷降ろし後に、各ウオッチをチェックする、チェック体制をとっています。

輸出梱包時に物品破損が起こるとどこで壊れたかわからない!なんて事があるかと思います。
弊社でのご提案ではどの時点で破損が起きたのかがわかるように提案させていただいております。

Pocket

木箱梱包の開梱手順書と、大型簡易強化ダンボール梱包(H&L)の開梱手順書の比較

木箱梱包の開梱手順書と、大型簡易強化ダンボール梱包(H&L)の開梱手順書の比較写真をご覧下さい。

【木箱梱包の開梱手順書】


【大型簡易強化ダンボール梱包(H&L)の開梱手順書】


特徴は、パレット部を除いて、アルミを柱とした強化段ボール梱包。
大型重量物ではなく、小型軽量物の梱包の場合、ハンドリフト、フォークリフトの爪を差し込むパレット部も、ダンボールで作製することは、可能です。

その際、アルミの柱は使用しませんので、オール強化ダンボール梱包となります。

Pocket

ALCOMMブログ開設しました。

こんばんわ。

本日「ALCOMMブログ」を開設しました。
こちらでは主に梱包事例や新着情報を配信していきます。
https://www.alcommjp.com/blog/

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

通関業務から海外での搬入作業立ち会いまで梱包・輸送に関することなら何でもお任せください!

工業包装技能士(国家資格)による試験、検定に裏づけされた確かな梱包技術で、輸送の安心をお届けします。

他にも、税関での通関立合いや海外での搬入作業立合いなどさらなる安心を追求します。

アルコム株式会社(特許梱包H&L・大型製品・重量物梱包・輸出梱包対応)
〒612-8236 京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番3
TEL(075)602-0101 FAX(075)602-7157

c 2008-2010 ALCOMM CO., LTD. All Rights Reserved