• 特殊梱包H&L
  • 梱包設計・手法
  • あるあるサービス
  • 大型重量物
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ

ブログ

環境に優しい特許梱包H&L

弊社の特許梱包H&Lは従来の木箱梱包から強化ダンボール梱包へ変更した事で、CO2削減とリサイクル率の向上で環境汚染問題に貢献しております。

また、梱包は木箱に比べ軽量で「はめこみ式」の為に簡単です。

更に、開梱も「ハサミ1本」簡単楽々で時間短縮も実現。

梱包


この度、京都産業エコ推進機構の「京都エコスタイル製品」への申請を行う予定です。

環境に優しくて作業にも優しい「特許梱包H&L」是非お試し下さい。

京都産業エコ推進機構についてはこちらから
http://www.kyoto-eco.jp/ecostyle/about.html

Pocket

4社合同新春パーティー開催

2012年1月5日アルコムのグループ会社である丸一商事、カズテック、ゼロワンテック、4社合同で新春パーティーが開催されました。

合同新春パーティー  合同新春パーティー


毎年恒例の行事ですが新年の始まりにグループ会社含め全社員が集まり親睦を深め、各グループの繋がりも深める重要な行事になっております。

また、今回は昨年9月にスタートした「業務改善プラスワン」活動の表彰も行いました。

業務改善では「梱包資材のコストダウン」と「木枠梱包内製化」を提案した社員が表彰されました。

プラスワンとは新規事業提案の事になりますが、今回は残念ながら新規事業の実現はありませんでした。

しかし、実現には至らなかったものの、新規事業展開を大きく推し進めた提案をした社員を今回は表彰致しました。

2012年はお客様により良い提案をして喜んで頂き、満足して頂けるよう全社員一丸となって取り組んで参りたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

Pocket

関東圏で初めて特許梱包H&Lを実現

弊社は京都市伏見区に本社、物流センターがあり活動拠点は関西地区になりますが、
2011年10月関東圏(横浜港)で初めて特許梱包H&Lを実現しました。

関東圏に支店・営業所はありませんが弊社の持つネットワークを駆使して関東圏
での依頼にも対応することが可能です。

また、H&L梱包に限らず木箱梱包にも対応できますし資材調達から梱包、輸送、通関
まで一貫してサポート可能です。

関西圏に限らず関東圏のお客様でも、お電話一本でお問い合わせ頂ければ1級工業包装技能士が
揃う弊社スタッフがご相談に応じます。

是非一度弊社の特許梱包H&Lをお試しください。
特許梱包H&L

特許梱包H&Lとは?

アルコムの特許・エコ梱包H&Lは梱包から開梱までのあらゆる手間を省き、かつ強化ダンボールの強度を維持します。

その秘密は強化ダンボールを支えるL型金具と強化ダンボールをつなぐH型金具です。
この二種類の金具を使用することによって強化ダンボールの強度を維持しながらも、強化ダンボールと金具を組合わせるだけの簡単作業を実現しました。

Pocket

大阪府能力開発協会より工業包装実技試験の検定員・補佐員を委嘱されてます

2011年12月11日(日)と18日(日)の2週にわたりアルコム物流センターにて工業包装技能士1級・2級の実技試験が39名の受験者参加のもと開催されました。

試験中の風景

大阪府能力開発協会様から委嘱を受け試験会場と検定員2名・補佐員4名を提供致しております。
検定員・補佐員は試験会場の準備から実技試験の運営、試験官、試験終了後には採点等を行います。

木箱の採点は箱の内寸、釘の本数、外観の見栄え等を細かく採点します。

また防水袋は寸法、外観を採点後に、水を注入して水漏れの確認もします。

受験者の方々が懸命に作成された物を採点するだけに一つ一つの項目を計測間違い等がないよう慎重に採点致しました。

検定員・補佐員による採点

そういう意味では検定員・補佐員の責任は重大ですよね。

今後の予定は2月に学科試験が行われ試験は終了し 3月に合格発表が行われます。

受験者の皆様が合格されることを心よりお祈り致しております。

大阪府能力開発協会から試験会場・検定員・補佐員を前回に引き続き委嘱を受けて無事に任務を果たせた事を心より喜んでおります。

工業包装技能士の資格を取るなら大阪府能力開発協会から実技試験を委嘱されている弊社にお任せください。

技術指導等も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

Pocket

アルコム物流センターにて工業包装技能士の実技試験を実施

(前回の続きです)

2011年12月11日(日)と18日(日)の2日間アルコム物流センターにて工業包装技能士1級・2級の実技試験が39名の受験者参加のもと開催されました。

実技試験の内容は以下の通りでした。

○1級工業包装
課題?
日本工業規格(JIS Z 1403)に準じたA形の枠組箱のうち、2形(密閉合板)の腰下、つま面及び3形(すかし)の側面の3面を製作し組み立てる。(試験時間110分)
課題?試験中

課題?
ポリエチレン加工紙を用いて、内装用防水袋を2個製作する。(試験時間40分)
課題?試験中

○2級工業包装

課題?
日本工業規格(JIS Z 1402)に定める普通木箱1・C-5形を1個製作する。(試験時間80分)

課題?
ポリエチレン加工紙を用いて、内装用防水袋を1個製作する。(試験時間30分)


試験当日はとても寒く、AM8:30受付開始と同時に緊張した面持ちの受験者の方々が会場入りされました。

そして受付を済ませた後は、緊張感漂う試験会場へと向かわれました。

AM9:00からは主席検定員からの試験に関する内容、注意事項等の説明が行われAM9:25からいよいよ試験開始です。

試験は課題?から行われ終了後に休憩・準備をはさんで課題?の試験が行われました。

受験者の方々は緊張と寒さの中、日頃の練習や実作業での成果を十分に発揮して制限時間を超えることなく各課題を仕上げられました。
閉会式の模様

大きな事故、怪我、トラブル等もなく試験が無事終了した事を心より喜んでおります。

また同時に大阪府能力開発協会から国家試験会場として委嘱を受けているという重責を果たせたと思います。

今回は39名(1級25名・2級14名)の受験者の中で弊社からも7名が1級を受験しております。

海外輸出梱包を得意とする弊社にとって工業包装技能士の資格は包装技術の向上や安定した品質を提供するにおいて不可欠なものになっております。

海外輸出梱包は工業包装技能士(現在6名)を有する弊社にお任せください。

Pocket

【平成24年】明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

旧年中のご愛顧を感謝申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

アルコム株式会社 スタッフ一同

Pocket

通関業務から海外での搬入作業立ち会いまで梱包・輸送に関することなら何でもお任せください!

工業包装技能士(国家資格)による試験、検定に裏づけされた確かな梱包技術で、輸送の安心をお届けします。

他にも、税関での通関立合いや海外での搬入作業立合いなどさらなる安心を追求します。

アルコム株式会社(特許梱包H&L・大型製品・重量物梱包・輸出梱包対応)
〒612-8236 京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番3
TEL(075)602-0101 FAX(075)602-7157

c 2008-2010 ALCOMM CO., LTD. All Rights Reserved