• 特殊梱包H&L
  • 梱包設計・手法
  • あるあるサービス
  • 大型重量物
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ

ブログ

プリント用ロール紙(業務用)の梱包

今回は「プリント用ロール紙(業務用)の梱包」について御紹介します。

今回の依頼は、プリント用ロール紙(業務用)の海外輸出用梱包です。まず、輸出コストを安く抑えるため、コンテナスペースをフルに活用できる「2段積み可能な梱包方法」が要求されます。写真の梱包箱8個でコンテナが満載、アルコムのコンテナ料金を安く抑えるためのアイデアです。



そして、梱包の中は・・・?
プリント用ロール紙など、湿度や温度に敏感な商品は銀紙にて包装します。



さらに銀紙の中をラップにてぐるぐる巻きに梱包、これで、紙の変色を確実に防止し商品を安全に輸出することが可能になります。



安全に、安く、確実に、早く、アルコムのプリント用ロール紙(業務用)の梱包の風景でした。

輸出用パレットにスチールパレットを使用の理由

今回は「輸出用パレットにスチールパレットを使用の理由」を御紹介します。

アルコムでは、特許梱包H&Lを輸出する際にスチールパレットを使用します。

パレットを含む木製梱包材を輸出する際には、国により定められた処理方法(例えば、熱処理(木材燻蒸)や薬剤処理など)で処理した木材、もしくはNO WOOD(非木材)として判断されているもの(例えば、合板やLVL材)を使用しないと入国させてもらえません。

スチールパレットであれば
1、熱処理が不要
2、LVL材よりも軽量である(木製パレットの約3分の2)
3、森林保護にもなり、再利用が可能
4、水分に強く、強度が落ちにくい
などのメリットがあります。



特許梱包H&Lを使用することで、様々な大きさの商品にもすぐに対応できて、しかも強度がアップするから安心ですね。



輸出時のスチールパレット使用は特許梱包H&Lと合わせて、コスト削減、合理的な梱包方法を追求したアルコムの工夫の一つです。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日はアルコムのグループ会社である、丸一商事、カズテックの3社合同の新年会の様子をブログにアップしました。下記の写真は新年会で代表が今年も頑張っていこうと挨拶をしている模様です。



昨年よりも更に飛躍の年になるよう皆様方への感謝の気持ちを忘れず、今年も「輸出梱包」の中でも特に難しい「特殊梱包」をどんどん提案してまいります。グループ全体で力を合わせてがんばってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

国内通い箱

運送会社からの依頼で、鉄製品を入れる通い箱を納品しました。
今回は、中に入れる商品を見せてもらえず、運送会社からの情報のみで製作しました。



中に入れるものの、サイズ、重量、特徴が分かれば、
実際に採寸しなくても、製作可能です。

通関業務から海外での搬入作業立ち会いまで梱包・輸送に関することなら何でもお任せください!

工業包装技能士(国家資格)による試験、検定に裏づけされた確かな梱包技術で、輸送の安心をお届けします。

他にも、税関での通関立合いや海外での搬入作業立合いなどさらなる安心を追求します。

アルコム株式会社(特許梱包H&L・大型製品・重量物梱包・輸出梱包対応)
〒612-8236 京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番3
TEL(075)602-0101 FAX(075)602-7157

c 2008-2010 ALCOMM CO., LTD. All Rights Reserved