• 特殊梱包H&L
  • 梱包設計・手法
  • あるあるサービス
  • 大型重量物
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ

ブログ

コーナージョイントとホッチキスの比較

コーナージョイントとホッチキスの比較写真。

【コーナージョイント】


ホッチキスではなく、コーナージョイントにすることによって、ダンボールがばらしやすく輸出先でも手間が掛からず簡単にばらせます。

【ホッチキス】

Pocket

ウレタンポリ(伸縮性ビニールシート)梱包

ウレタンポリ(伸縮性ビニールシート)の梱包をご紹介します。

パソコン等、精密機器の梱包に使用します。













上記の特徴を活かし高級ワインの梱包も可能。

上下から商品を挟み込んでの梱包となり、箱内部で、商品が宙に浮いているような状態での梱包となります。
ですので、箱に万一、衝撃が加わっても、商品はウレタンポリ以外、外箱とは非接触なので、衝撃から商品が守られます。

Pocket

割れやすく、少しの傷、汚れも許されない扱いの難しい商品の輸送

石英(屈折のない精度の高いガラス)や割れやすく、少しの傷、汚れも許されない扱いの難しい商品の輸送梱包をご紹介します。





アルコムが、石英のサイズに合った、プラスチックダンボールを製作。
内部は、形状に合わせ、サンペルカで、梱包しやすいように加工されています。

梱包箱の流れ:

石英を製作する会社に、プラスチックダンボール製の梱包箱をアルコムが納入。
石英をこの箱に入れ、半導体製造装置メーカーに輸送。

輸送後、箱から出され、検査を経て、再度、この箱に梱包され、海外ユーザーに納入。
扱いにくい、重要な送品なので、装置とは別梱包で、石英のみ特別扱いで海外ユーザーに納入。
従来は、石英を製作する会社が、独自のやり方で、エアーキャップ等を使用し、梱包してメーカーに出荷。

メーカーは、開梱して、検査をして、独自のやり方で、検査室から出荷。
傷、汚れも許されない商品には、このやり方は、リスクが高く、トラブルも発生した経緯から、専用箱が必要となり、アルコムが作製。

Pocket

太陽光パネルに使用するセルの輸送梱包事例

太陽光パネルに使用するセルの輸送梱包事例をご紹介いたします。




パレット部と、梱包箱の間に、ゲル状の衝撃吸収材を4隅に挟みこみます。
従来ですと、バネを利用したスプリング梱包が同じような使用目的で使用されていましたが、
部品等の軽量物には、内部に衝撃を与えてしまい不向きでした。



このゲル状の衝撃吸収材は、部品等の軽量物の輸送の振動対策、衝撃吸収に最適です。
他にも、コンプレッサー等の防音対策にも効果を発揮しています。



上部の強化ダンボールの4隅には、大型ホッチキスではなく樹脂性のコーナージョイントを使用しております。通常の燃えるゴミとして廃棄処分できるので手間が省けるのもポイントです。

Pocket

太陽光パネルの強化ダンボール輸出梱包事例

太陽光パネルの強化ダンボールを使用した輸出梱包事例をご紹介します。
下の写真は韓国へ輸出梱包をした際のものです。


こちらの梱包ではダンボールを梱包側面に使用することで、
梱包内で太陽光パネル同士が接触することを防いでいます。


少しの工夫ですが、製品保護に大きいな効力を発揮します。
太陽光パネルの梱包のことならアルコムにお任せください。

Pocket

船便の磁石梱包事例

船便にて磁石(磁石を含む製品)を梱包する際の事例をご紹介いたします。
航空便に比べ、手続きが少ないことから、多数の梱包実績がございます。

結露防止のためバリア材で真空梱包します。 緩衝材で隙間を埋めた後、鉄箱を密封します。
鉄箱の錆止めのため、再度、真空梱包をします。 磁性体の影響を考慮し、大きい木箱で梱包します。

船便による磁石の梱包のご相談は、アルコムまでお気軽にご相談下さいませ。

Pocket

梱包作業時の工夫

今回は「梱包作業時の工夫」をご紹介します。

梱包時に、土台と強化ダンボールを固定する為に黒いバンドで固定します。通常は、パレットの下にバンドを通して荷物を固定するのですが、このやり方だと、大掛かりのものになると大変時間がかかってしまいます。アルコムでは、パレットにコの字型の金具を打ち込むことで、バンドをパレットの下に通す手間を省き、簡単に荷物を固定できるようにしています。



些細な工夫ですが、こうすることで手間を省くだけでなく、空いた時間にバンドの用意ができ、緊急の出荷にもすぐに対応できます。(輸出梱包は、最終工程なので常に時間との戦いです。)そして、開梱の際には「はさみ1本簡単開梱」。

1回の梱包では、小さな違いでしかありませんが1年を通して見ると大きな差を生み出します。こうした小さな工夫の積み重ねが、アルコムの安心・安全・低コストを実現させているのです。

Pocket

プリント用ロール紙(業務用)の梱包

今回は「プリント用ロール紙(業務用)の梱包」について御紹介します。

今回の依頼は、プリント用ロール紙(業務用)の海外輸出用梱包です。まず、輸出コストを安く抑えるため、コンテナスペースをフルに活用できる「2段積み可能な梱包方法」が要求されます。写真の梱包箱8個でコンテナが満載、アルコムのコンテナ料金を安く抑えるためのアイデアです。



そして、梱包の中は・・・?
プリント用ロール紙など、湿度や温度に敏感な商品は銀紙にて包装します。



さらに銀紙の中をラップにてぐるぐる巻きに梱包、これで、紙の変色を確実に防止し商品を安全に輸出することが可能になります。



安全に、安く、確実に、早く、アルコムのプリント用ロール紙(業務用)の梱包の風景でした。

Pocket

輸出用パレットにスチールパレットを使用の理由

今回は「輸出用パレットにスチールパレットを使用の理由」を御紹介します。

アルコムでは、特許梱包H&Lを輸出する際にスチールパレットを使用します。

パレットを含む木製梱包材を輸出する際には、国により定められた処理方法(例えば、熱処理(木材燻蒸)や薬剤処理など)で処理した木材、もしくはNO WOOD(非木材)として判断されているもの(例えば、合板やLVL材)を使用しないと入国させてもらえません。

スチールパレットであれば
1、熱処理が不要
2、LVL材よりも軽量である(木製パレットの約3分の2)
3、森林保護にもなり、再利用が可能
4、水分に強く、強度が落ちにくい
などのメリットがあります。



特許梱包H&Lを使用することで、様々な大きさの商品にもすぐに対応できて、しかも強度がアップするから安心ですね。



輸出時のスチールパレット使用は特許梱包H&Lと合わせて、コスト削減、合理的な梱包方法を追求したアルコムの工夫の一つです。

Pocket

国内通い箱

運送会社からの依頼で、鉄製品を入れる通い箱を納品しました。
今回は、中に入れる商品を見せてもらえず、運送会社からの情報のみで製作しました。



中に入れるものの、サイズ、重量、特徴が分かれば、
実際に採寸しなくても、製作可能です。

Pocket

通関業務から海外での搬入作業立ち会いまで梱包・輸送に関することなら何でもお任せください!

工業包装技能士(国家資格)による試験、検定に裏づけされた確かな梱包技術で、輸送の安心をお届けします。

他にも、税関での通関立合いや海外での搬入作業立合いなどさらなる安心を追求します。

アルコム株式会社(特許梱包H&L・大型製品・重量物梱包・輸出梱包対応)
〒612-8236 京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内13番3
TEL(075)602-0101 FAX(075)602-7157

c 2008-2010 ALCOMM CO., LTD. All Rights Reserved